カジノスロット

スロットマシンはお金を入れてリールを回してボタンで止めて銘柄が揃えばコインをもらえる、シンプルなゲームです。もともとバーや理髪店にちょっとしたおもちゃとしておいてあったのが始まりでした。大きなバーをガクンと動かしてボタンで止めるのはそれ自体ちょっとした娯楽として、またコインがザラザラと音を立てて出てくるのは、当時の人気を相当集めたそうです。今海外のカジノスロットに行くとたくさんのカジノスロットマシンが並んでいますが、昔と同じなのはリールが回るくらいで、それもコンピューターの画面で回るようになっていて、コインは使用不可で全て紙幣を切符を買う自動販売機に入れるのと同じようにギュギューと挿入します。電子制御なので昔のように3リールはほとんど見当たりません。大抵5リールです。賭け方は1ラインか、3ラインかを選ぶだけで、あとは回転からリールが止まるまで数秒でコンピューターが行うのでそれを見ているだけです。3ラインだと指定の金額の3倍が差し引かれるのですぐに無くなります。すべてがコンピューターで制御されているゲーム、それが今のスロットです。一人で機械の前に座ってひたすら お札を流し込むだけなので誰かと話しながら楽しくやるゲームではありませんが、無機質に進行するだけに非常に確率に正確に大勝ちが発生します。現在のスロットは控除率が決まっています。控除率というのは払い戻さなくてはならない金額のことです。スロットマシンの場合はラスベガスの75%を例外とするとおよそ90%前後で設定されています。つまり全プレーヤーの賭け金の90%が当選者に支払われます。これが、たまたま$10で思い出を作るためにスロットを回して数十億当てた当選者を生むシステムになっています。長い間打ち続けていても当たらないのがスロットですが、「運試し」という言葉がぴったりのゲームなので、友達とワイワイ言いながらカジノスロットの運をスロットで試してみてはいかがでしょうか?  
April 2, 2017

プログレッシブジャックポット

プログレッシブジャックポットというのは、誰かがゲームをプレイするたびに賭け金が増えて行く形のジャックポットです。カジノのスロットマシンの場所へ行って見ると、プログレッシブジャックポットの金額が表示されています。大抵1億円以上が表示されていて、1秒ごとにどんどん掛け金が上がって行くのは見ているだけでもとても楽しくなります。サッカー場のような大きさのカジノにはスロットマシンが本当にたくさん設置されているので、プログレッシブの金額もいつも莫大です。中には最初の$100でプログレッシブジャックポットを当てた人たちがいて、数万倍の報酬を受け取って一夜にして億万長者になって行くのを目の当たりにすることがあります。これがカジノの魅力です。プログレッシブジャックポットが当選すると館内にアナウンスが響き渡ると同時に勝者の周りに人だかりができて、一躍ヒーロー・ヒロインとしてカジノの全員から祝福されます。見ていてもとても興奮する瞬間です。プログレッシブジャックポットは一度当たると清算されますが、ゼロから始まらずに数百万円の金額から再開されます。このプログレッシブジャックポットの良さが最高に享受できるのがオンラインのスロットマシンです。オンラインのスロットマシンは実際の建物にスロットマシンを設置する時に発生する設備費や機材のメンテナンスの必要もなく、スペースも無限なので、無数のオンラインのスロットマシンが世界中で稼働し続けています。ジャックポットの金額はリアルタイムで表示されているのですが、その金額の上昇の速度は見ていても本当に興奮します。プログレッシブジャックポットはほとんどのオンラインのスロットマシンで採用されていますが、採用されていないマシンもあるので、遊ぶ前によく確認するとよいでしょう。家にいながらにして、リアルタイムで膨らんで行くジャックポットを当てる快感を味わって見ませんか?
February 15, 2017

カジノと一般のギャンブル

海外のカジノ場で遊ぶのは大好きなのですが、パチンコ、競馬、麻雀といったギャンブルには手を出したことはありません。普通の人たちが気軽に買う年末ジャンボ宝くじですら手を出したことはありません。宝くじをはじめとした公営のギャンブルはほとんど大勝ちすることができないからです。例えばパチンコで考えて見ましょう。大勝ちした人の出玉は大体6万発以上で、換金しても20万円くらいです。1日中大音響の中パチンコを打って多額のお金をつぎ込んでいるので、割りに合わないと感じます。宝くじも同じで、年末ジャンボ宝くじやサマージャンボ宝くじの一等賞金は5000万円です。しかも確率は2000万分の1だそうです。万馬券のイメージのある競馬でも最高額は4億円程度だそうで、確率とリスクにさらすお金と比べると割似合いません。一方カジノでは朝食前にスロットに立ち寄って何気なくプレイしたら、20億円の大勝ちをした話や、$100で40億円を手に入れた話があるくらいカジノの換金率はとても高額です。競馬やパチンコで千円、1万円スってしまった話はよく聞きますけど、その金額をカジノでリスクに晒せば、何億円の賞金を獲得できるので、色々と考えて見ると損をしたくないので近づかないという話です。なぜこんなに換金率が違うのかというと、「控除率」の違いがそこにあります。控除率は要するにテラ銭のことで、賭けの胴元の取り分です。例えば宝くじでいえば、公営の宝くじなので、全国の市町村が胴元になっているのですが、控除率をみてショックを受けたことがあります。なんと55%です。つまり残りの45%しか当選者の賞金にならないわけです。一方カジノの控除率は平均で約4〜5%程度です。掛け金の95%を当選者に配分している仕組みなので、大勝ちする確率はずっと高くなります。オンラインカジノの控除率はさらに低く設定されています。これは固定費が低く抑えられるためです。大勝ちを狙うなら、カジノの方が賢い選択です。
January 27, 2017